2021年11月25日

「現場」を知ることの重要性。

私はある時期、企画の仕事、木工の仕事をしながら、
スーパーの店員としても働いていました。

その頃、サービス業とはいったい何なのか、
接客とはどういうことなのか、を考えていました。

それを知るためには、
現場で働く以外に無いと思ったのです。

そこで、お客さまの数が多く、
さまざまなケーススタディができるスーパーを選んで、
実際に働きました。

実に面白く、有意義な5年間でした。

広告企画・販促企画という裏方を
ずっとやっていましたが、
店員という表方を体験することで、
これまで見えていなかったことがよく見えるようになり、
よりお店に密着した企画が立てられるようになりました。

また、お店でお客さまと直接接することで、
お客さまの「心」も読めるようになりました。

これは、企画を立てる人間にとっては、
非常に大きな成果です。

この経験から得た知識・ノウハウを
コンサルに生かしています。

posted by 佐藤きよあき at 09:09| Comment(0) | アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月18日

「ビンゴ大会」は盛り上がる!

以前、北海道で宿泊したホテルでは、
サービスとして、ビンゴ大会をやっていました。

来館した時に、ビンゴカードを手渡しておき、
夜、ロビーで開催されます。

ぬいぐるみやお土産品が当たるのですが、
これが結構盛り上がり、楽しいものでした。

私は、当たりませんでしたが。

単純なイベントですが、お客さまは喜んでいました。

posted by 佐藤きよあき at 14:28| Comment(0) | アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月11日

お客さまの“欲求”を満たしてあげる!

釧路駅前に、和商市場という海鮮中心の市場があります。
ここには、観光客相手のユニークなシステムがあります。

「勝手丼」

お客さまが、茶碗に盛られたご飯を買い、
「勝手丼」の暖簾がかかったお店に行き、
ウニ、イクラ、ホタテなどの海鮮類を
ご飯の上にのせてもらうのです。

各お店では、少量の商品を用意しておき、
安い価格で、ご飯にのせてくれます。

何店かをまわって、好きなものをのせてもらい、
その場で食べるのです。

市場に行くと、あれこれと食べてみたくなりますから、
このシステムは、嬉しいですよね。

ぜひ、行ってみたいと思います。

posted by 佐藤きよあき at 09:51| Comment(0) | アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月04日

「小粋な」京都を見習うべき!

京都に、味噌汁のお店があります。

そう、味噌汁メインのお店なのです。

ごはん物やおかずもありますが、
あくまで味噌汁を楽しんでいただくお店です。

味噌汁に絞り込んでいるあたりが、
京都ならではのウマさです。

というより、他の土地ではできないことだと思いますが。

私は、その味噌汁メニューの“小粋さ”に注目しました。

「くしら」「しゅんさい」「ゆは」

これは、「くじら」「じゅんさい」「ゆば」なのですが、
「 ゛(濁点)」を取ってあります。

「汁が濁らないように」という、表現の演出なのです。

どうでもいいことかもしれませんが、とても粋です。

私は、京都があまり好きではありませんが、
このお店は“さすがだ”と言わざるを得ません。

posted by 佐藤きよあき at 14:25| Comment(0) | アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月28日

究極の顧客満足。

京都のある喫茶店では、
いつも準備中の札が下がっています。

しかし、中にお客さまはいます。

実は、舞子はんだけが利用できるのです。

舞子はんは、
どこに行ってもジロジロ見られてしまうので、
ゆっくり寛げません。

喫茶店でもそうです。

そんな舞子はんのために、マスターが準備中の札をさげ、
他のお客さまにはご遠慮いただいているのです。

なるほどぉ〜、です。

究極の顧客満足ですね。

posted by 佐藤きよあき at 11:16| Comment(0) | アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月21日

店内はいつもキレイに!

久々に「ユニクロ」を覗いてみました。

土曜日だったので、お客さまも多く、
相変わらず賑わっていました。

そこで、非常に気になったことがあります。

売り場の煩雑さです。

ひとことで言うと、「ぐちゃぐちゃ」。

これは、お客さまのマナーの悪さが、第一の原因です。

見るために出した服を、簡単にでもたためばいいものを、
ぐちゃぐちゃのまま、棚に戻しているのです。

突っ込んでいるだけです。

そんな箇所があちらこちらにあり、非常に目立ちます。

第二の原因は、それを直す店員の姿が、
ほとんど見当たらないことです。

店員の数が少なすぎるのです。

平日並みの店員数なのか、レジ付近に数人いるだけです。

これでは、煩雑になる一方です。

どんどんぐちゃぐちゃになり、
お客さまの“見る気”も失せてしまいます。

いくら良い商品を売っていても、
これでは、お客さまが離れていきます。

posted by 佐藤きよあき at 14:21| Comment(0) | アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月14日

姿勢は評価しますが……。

マクドナルドでテイクアウト。

お店の外に出てから、
ポテトが入っていないことに気づきました。

すぐにお店に戻り、説明。

すばやくポテトを用意してくれたのはいいのですが、
他のハンバーガーまで作り直してくれ、
複雑な思いでした。

先のハンバーガーは、廃棄されます。

対応は丁寧だったのですが、
“そこまでしなくても”“もったいないし”
という思いがあります。

マクドナルドは、「作りたて」に厳しいので、
店長の判断なのですが、それなら、
捨てる分を“ちょうだい”という気持ちでした。

作り直さなくてもいいから、ナゲット1つサービスとか、
ポテトサービスとかの方が、単純に嬉しいと思うのは、
私だけではないはずですよね。

posted by 佐藤きよあき at 08:58| Comment(0) | アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月07日

田舎にチェーン店が来たら?

和洋菓子のチェーン店、「シャトレーゼ」。

ここの特長は、安くて、珍しいお菓子があり、
美味しいということです。

そう、あまり文句をつけるところがありません。

つい、あれこれ買ってしまいます。

こんなお店に、個人商店が勝てるでしょうか。

近くに出店されたら、どうしますか。

「田舎だから大丈夫!」

本当ですか。

私が利用する「シャトレーゼ」は、和歌山の田舎ですよ。

対処法は、あまりありません。

あなたのお店にしか無い商品を作ることと、
サービスの充実です。

posted by 佐藤きよあき at 08:53| Comment(0) | アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月30日

店員さんも売り物?

あるフラワーショップを離れたところから見ていると、
女性店員さんが、入口付近の花鉢を足で寄せていました。

まだ開店前ですが、人通りもあります。

必ず、見られています。

見た人は、お店に対して、
どういう印象を持つでしょうか。

花を大切にする心も無い店員さんが売っている。

花が粗末に扱われている。

そんなお店で、買いたくはありません。

店員さんは、開店前だからと、
通っている人をお客さまだと
認識していないということです。

『すべての人はお客さま』。

忘れてはいけません。

posted by 佐藤きよあき at 08:53| Comment(0) | アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月23日

わかったつもりの「基本」を思い出せ!

先日、ある飲食店経営者とのメールのやりとりで、
次のような言葉が出てきました。

「基本中の基本なら、誰でも知っています」

本当にそうでしょうか。

知っているなら、誰もが成功しているはずです。

商売に成功している先人がよく言うのは、

「当たり前のことをやってきただけ」

これです。
これが、基本中の基本なのです。

つまり、『お客さまのことを想う』という、
「当たり前のこと」を忠実にやってきた人だけが
成功するということです。

頭でわかっていても、やっていないのは、
知らないのも同じことです。

知らないなら、一から勉強し直す。

忘れているなら、思い出して欲しいのです。

本当に大切なことは何なのかを。

もう、手段ばかり探すのはやめてください。

posted by 佐藤きよあき at 08:55| Comment(0) | アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする